lWCの時計を買取してもらおう|キラキラ輝く腕時計

変わる時代

ブランドから金、ダイヤ買取

最近では、TVCMまで進出した派手な業者も現れる始末だ。また、ワイドショーあたりでも「最近はダイヤの買取が盛ん」といったような取材ものをよく見かけるようにもなった。これもTVCMの一種のバーターであることは間違いない。 一時は、ブランド買取が主流にあったように思われる。しかしながら、ここ10年の不景気故か、以前ほど、「ブランド、高く買います」というような看板は少なくなったようだ。 となると、そこまでブランド主体の買取業者も徐々にだが様変わりしつつあるのだ。前述の「金、ダイヤ高額買取」の台詞を掲げるようになってきたのだ。

どこで買い取ってもらうかが問題だ。

まず、ブランド主体に買取を行ってきたところは、専門性が低いケースもある。なぜなら、貴金属、特にダイヤについての知識があるものがほとんどいないということだ。仮にダイヤの指輪を持ち込んだとしよう。「鑑定書はありますか」「これは0.4カラット以上ありますから、大丈夫です」「少々お時間ください。写真を取って今から鑑定いたしますので」大体においてこの台詞だ。待つこと20分から30分。HPあたりであらかじめ調べておいた想像していた金額の50%から70%程度の金額を提示される。 試に、貴金属専門に買取をやってきた業者に持ち込むと、「鑑定書はなくても結構ですが、あるのでしたら」「今鑑定しますので、少しお待ちください」といったところで、目の前で鑑定が始まる。台座が金なのかプラチナなのか、ダイヤは何カラットか。今の相場がいくらなのか。といったことがほとんどの基準となっている。 ダイヤの買取には、納得のいかない値段を提示されないためにも貴金属専門買取業者をおすすめしたい。貴金属専門であれば鑑定においても専門の資格者が対応してくれるんで、それ相応の価値をつけてくれるだろう。